スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今日の屋久島

 2012-06-25
今日も屋久島は、雨が降ったり止んだりの天気になっています。

時々、遠くから雷鳴も聞こえてきます。

梅雨明けは7月14日頃ですので、眩しい太陽と青い空を満喫するにはもうしばらく辛抱が必要のようです。

そこで、気分転換を兼ねてタイトルに雨がつく曲をあれこれ思い起こしてみました。すると結構な数の曲が

浮かんできます。

ショパンの前奏曲第15番「雨だれ」、ザ・カスケーズの「悲しき雨音」、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の映画

「シェルブールの雨傘」の主題曲、映画「明日に向って撃て」の主題曲「雨にぬれても」、八神純子「みずいろ

の雨」、太田裕美「雨だれ」、「九月の雨」、徳永英明「レイニーブルー」等々。

その数多い名曲の中から、今日は南 佳孝の「Scotch and Rain」という曲をご紹介したいと思います。

1982年9月発売の「SEVENTH AVENUE SOUTH」というアルバムの中に収録されている一曲で、松本 隆の

作詞になります。勿論、作曲は南 佳孝です。

南 佳孝は知る人ぞ知る才能豊かなミュージシャンですし、松本 隆は日本を代表する作詞家の一人です。

個人的には、南 佳孝は夏になると聞きたくなるミュージシャンの一人で、その中でも「Scotch and Rain」は

洒落た大人の雰囲気を感じさせてくれる私好みの一曲です。

グラスの中身はスコッチウイスキーでなくてもいいですから、グラスを片手に是非聞いてみてください。



          





スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。