スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

屋久島の天気

 2010-11-05
今日の屋久島は曇っていますが、屋久島は屋久杉とともに雨の多い島として知られています。
 
「一月に35日雨が降る」と言われるように、季節によっては確かに雨が降り続くときがありますが、一年を通して
 
みると決して雨ばかり降っているわけではありません。
 
11月などは安定した晴れの日が多い月になります。
 

ところで、屋久島の天気の特徴を一言で言うと、外海に浮かぶ山岳島だからでしょうか、雨や風が強く、島の東
 
側と西側、島の周辺部と山間部というように、場所によって天気が違うということです。

 
バケツをひっくり返したような雨がよく降る屋久島では、少々の雨では人々は傘をさしませんし、島の東側は雨が
 
降っているのに西側は晴れている、というようなことは珍しいことではありません。

特に、冬の天気は特徴的です。島の北側は時雨模様の裏日本の天気、南側はぽかぽか陽気の表日本の天気
 
と、北と南で気候が極端に違います。
 
早い話が、冬になると島の北側は寒く、南側は暖かいと言うことです。
 
また、南の島であるにも関わらず、強い寒気がやってくると標高の高い山々には雪が積もります。
 
 
 

 
          
 
年間降水量は、海に近い島の周辺部で3,000ミリから4,000ミリ、山間部では8,000ミリ以上の雨が降ると言われ
 
ています。ちなみに、東京の年間降水量は1,500ミリ前後だそうです。

 
九州本土の南に位置する屋久島周辺は、台風の他、低気圧や前線の通り道になっており、このことが屋久島に
 
多量の雨と強い風をもたらしているのだと思います。

 
11月に入り、我が家のキンモクセイの花も満開を迎えたようで、辺り一面に甘い香りを漂わせています。
 
今夜から明日にかけて、花散らしの強い風が吹かなければいいのですが…。
 
 
 
 

 
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。